読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 こぶたぶろぐ。

140文字からはみだしたもの

旅のなかやすみ。

日常 DQMC

こんにちは。
こぶたけんしです。

 

前回更新した記事や、ツイッター、書き置きメモ等でおしらせしていましたが、バージョン2.4終了と同時にちょっとドラクエをおやすみをすることにしました。今回は、とてもとても個人的な想いだけの記事になると思いますが、よければお付き合いください。

 

「何故休止するの?」

いろんな人に聞かれますが、ひとことで言うと「プライベートを見つめなおす時間がほしい」ということになります。実は、2.2の後半くらいから「ドラクエとの付き合い方」をずっと考えていたんです。

 

これだけはハッキリと言い切れます。ドラクエ10は今まで出会った中で最高のゲームだ!」だからこそ、ついつい、やっちゃうんですよね。気づいて振り返ったら、約3年弱もの間、よくもまあ走り続けてきたもんです。そして、ふと思いました。「旅芸人としてはめちゃめちゃ成長したけれど、人として成長してなくね?」。

 

本来ぼくは、家具やインテリアなどのリアルハウジングが好きなのですが、ドラクエをはじめてから家の模様替えなんてしていません。それどころか、植物を育てたり、好きなブランドの新作をチェックしたり、薔薇の季節には薔薇園めぐりをしたり、めちゃめちゃ凝った料理をしてみたり、わざわざ宇都宮まで餃子定食を食べに行ったり!そんなことが大好きだった自分が消えかかっていました。それもこれも、ドラクエが楽しすぎるからです。

 

そして話はかわりますが、チームクエストが実装された時、チムクエとの付き合い方に悩んだチームリーダーさんも多いのではないでしょうか?ぼくもそのひとりです。当時、チーム内には少なからず「チムクエに貢献できなくてごめんなさい」「好きなことばかりしていてごめんなさい」「私生活が忙しくてイン時間が限られているので、チムクエまで手が回らず、ごめんなさい」という空気がちょっとだけ流れた時期がありました。その時ぼくはこんなことを言っていました。

『皆さんの私生活が充実していなければ、チムクエどころかそもそもドラクエができなくなります。なので、私生活を充実させることは、すでにチムクエと繋がっているんだよ。だから、あやまるなんてとんでもない!むしろ、チムクエに貢献しているとも言える!胸を張ろう!』

どうよ、かっこいいリーダーだろう?

 

でもね、そんなにかっこつけていたくせして、自分どうよ?私生活をおろそかにしていないか?そう思ったわけです。

 

「このままでは、お仕事をして、ドラクエをして、寝るだけの人間になってしまう!」そう思いました。

 

正直、引退も考えました。

でも、やっぱりぼくはドラゴンクエストが好きなんです。それと同時に、敬愛するハルさんのブログの「ワールズ・エンド」という記事。この記事のおかげで、「いつ帰ってきてもいいんだ」と、思えるようになったんです。なので、引退とは言わず、休止しよう。そう思うことができたんです。因みにこのことは、ハルさんは知るよしもありません。

 

なので、ちょっとだけお休みをします。

 

 

「チームはどうしよう?」

ぼくは、「DQMC」というチームのリーダーをやらせていただいており、幸運なことに、DQMCは50名以上のゆかいな仲間たちにめぐまれ、チームレベルはトップ集団を走り続けることができています。ぼくは何をするでもなく、ただ毎日のようにインをして、チムクエをやるでもなく、チームメンバーと冒険するでもなく、やることと言えば、ほぼ裁縫と旅芸人活動(笑)

 

でもぼくは、「そこにいる」というだけで、チームリーダーとしての役割はほぼ達成していると考えます。「そこにいる」というのは、何もずーっとインしてるという意味ではありません。ほんの少しだけ何か足跡を残す。これだけで良いと思うのです。それは、明日の約束だったり、チムチャでの雑談、小粋な書き置きメモかもしれません。

 

でも、休止したら「そこにいる」ことはできなくなります。少しの間ならリーダー不在でもなんとかなるでしょ?そう言うひともいると思いますが、こればかりは「NO」と言い切れます。支柱となるひとがいない組織は、静かに壊滅の道を歩みはじめるものです。

 

なので、これは相当悩みました。リーダーを誰かに譲って自分は去るべきか、はたまた解散しなければならないか、さまざまなケースを考え相談などもしたのですが、ひとつのワガママな結論に至り、サブリーダーのとしさんに正直に話しました。

「としさん、ぼくが休んでいる間、リーダーを引き受けていただけませんか?そして、ぼくが戻ってきた時、許されるのならもう一度リーダーをやらせてくれませんか?」

「いいですよ!」

としさんは、気持よく、二つ返事でこう言ってくれました。実は、ずっと、散々相談にのっていただいていたのですが、最後に出した自分のワガママを快諾してくれました。ぼくは仲間に恵まれています。とてもありがたい話です。

 

仲間と言えば、チームの話ではないのですが、ぼくが休止にしようと決心できた、前述のハルさんのブログ、先日ハルさんは、その記事の続きを書いてくれました。「i'm waiting for the night」という記事です。ぼくの名前は一切ないのですが、ぼくのために書いてくれた、と、うぬぼれてみます。

 

 

「少しだけ先で待っててね。」

あまりおおごとにしたくなかったので、休止の件はごく限られた方のみにしか言っておらず、みなさんにお伝えしたのは休止の2日前になりました。逆に言うと、ギリギリまで迷って、悩んでいた、ということです。

 

オンラインゲームの特性上、「間をあけてしまうと取り残されてしまう?」という、ある種恐怖心にも似た負の気持ちがわいてきます。でも、ドラクエはバージョン1.0の頃からずっと「復帰しやすい」をウリのひとつにしていたはずです。なので、それを信じて、安心して休むことにしました。ドラクエをしないGWもひさしぶりですし、今から楽しみです。因みにちょっと遠出して、ある植物園に行く予定です。楽しみ楽しみ。

 

自分の性格上、たくさん情報を入れると絶対やりたくなるので、あえてあまり情報を入れていません。達人のオーブのこともよくわかりませんし、新装備のことも、あまり詳しくは見ていません。でも、たぶん踊り子は、旅芸人の次にがんばろうと思える職になるんだろうな、というか、短剣と扇が150なのに踊り子をやらないのはもったいない!ぼくは旅芸人や魔法戦士のような、いわゆる中間職が好きなので、きっと好きになれる職なんだろうな、と、想像しています。

 

ほら、こうやって話していたら、もう3.0に触れたくなってきた!なのでこのへんにしときますね(笑)

 

こんな記事まで書いて結局おおげさにしてしまいましたが、私生活をいまよりずんずん充実させたら復帰します。だからみなさん、ほんの少しだけ、先に行っててください。きっとすぐに追いかけます。

 f:id:dqmc:20150430203629j:image

それじゃあ、みなさんまたね!

すばらしい旅を!

 

旅は 楽しまないとだろ?